ガールズバー・バー

深夜酒類提供飲食店(ガールズバー、バー等)の開業

深夜(午前0時から日の出まで)に主に酒類を提供する場合、

営業を開始する10日前まで管轄の警察署へ届出をしなければなりません。

深夜酒類提供飲食店に該当しない営業

※ 酒類を提供する際、「接待」行為は出来ません。
接待をする場合、キャバクラと同様の許可が必要となります。

※ 深夜に営業するお店でお酒を主として提供しない場合は届出をする必要がありません。

※ ガールズバーは、深夜酒類提供飲食店に該当するケースが多く見受けられますが、
カウンター越しであっても特定の客に対し、接待行為を行うガールズバーは、
キャバクラと同様の許可が必要となり、無許可の場合、摘発の対象になります。

深夜酒類提供飲食店 開業手続の注意点

バー・ガールズバーの届出をするにあたり、下記の基準をクリアしなければなりません。

深夜酒類提供飲食店は、次のような点に注意します。

① 客室内部に1m以上の間仕切り等を設けないこと
② 客室の出入り口に施錠設備がないこと
③ 風俗を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備がないこと
④ 騒音、振動が各都道府県条例で定める数値以下であること
⑤ ダンスをするための構造または設備を設けないこと
⑥ 基準に満たない照度に変更できる調光器を設けないこと

上記のようなものが考えられますが、その他基準については、実際に店内を確認の上、
お知らせいたします。

報酬・手数料について

報酬  ¥ 80,000円~(税抜)
※飲食店営業許可もあわせての場合  報酬 ¥100,000円~(税抜)

※飲食店営業の許可取得のための保健所手数料が18,300円別途かかります。
一部地域では、16,000円になります。

※上記の他に証明書等の取得費用をご負担いただきます。

バー/ガールズバー開業サポート

バー・ガールズバー開業の手続(書類作成・提出代行)を承ります。
実際にお店に訪問し、法律要件を満たしているかどうか確認し、お打ち合わせの上、手続を行います。
要件の満たしているかの調査だけでなく、書類作成から正確な図面の作成まで承ります。
測量から図面作成のみのご依頼も承っております。