デリバリーヘルス(デリヘル)

デリバリーヘルス・デリヘルの開業・届出について

デリバリーヘルス(デリヘル)(以下、デリヘル)を始めるには、管轄の警察署へ
「開始届出書」を提出しなければなりません。届出をした書類は、警察署を経由し、
公安委員会で審査され、届出確認書が発行されます。

デリヘルは、他の風俗営業と違い開業資金が少なくて済むため、独立・開業がしやすい
業種です。届出をせずにデリヘルの営業を行うことは、無届出営業となり、処罰の対象
になりますのでご注意ください。

※店舗運営に必須となる営業広告や求人広告を出す際、広告の版元や代理店から
届出確認書の提示を求められます。オープン予定日がある場合、逆算し、スムーズな
手続を行う事をお勧め致します。

無店舗型性風俗という特長

デリヘルは、店側が運営するホームページや紙面による広告等によりサービス利用者から
依頼を受け、異性を派遣しサービスを提供します。

つまり、店舗を構えない(無店舗型)形態をとります。

よって、風営法に規定する許可業種(麻雀、ホストクラブ、キャバクラ)と異なり、
場所の規制がありません。

注)新たに受付所営業(対面接客)の店舗を構える場合、一定の規制があります。ご注意下さい。

開業までの流れ

開業までの流れ

各種サポート

性風俗特殊営業サポート

費用・実費について

当事務所手数料:70,000円(税抜)
警察署手数料:3,400円
その他実費:600円~1,200円程度

行政書士法人LINX