フォト(ヌード)スタジオ

風営法でのヌードスタジオの位置づけについて

専ら性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態を見せる興行その他の善良の風俗又は

少年の健全な育成に与える影響が著しい興行の用に供する興行場としてヌードスタジオ・のぞき劇場

ストリップ劇場を経営する場合には、オープンの10日前までに書類を整え「営業開始届出書」を

所轄の警察署へ届出なければなりません。

ヌードスタジオ・のぞき劇場・ストリップ劇場の境界

□ 専らとは、おおむね7割~8割程度を言います。

□ 性的好奇心とは、客の性的な感情を著しく刺激する目的であると社会通念上みとめられるもの。

□ 衣服を脱いで。とは、全裸・半裸等、社会通念上、講習の面前で人が着用しているべき衣服を

脱いだ人の姿態をいいます。

新たに届出が出来ない場所があります

アイドルの撮影会や高性能カメラの普及等によって、撮影会やフォトスタジオを利用する方が
増えてきておりますが、衣服を脱いだ姿態を撮影できるスタジオ(ヌードスタジオ)は、風営法で規制され、
所轄警察署への届出が必要不可欠となります。

しかし、ヌードスタジオは、どこで始めても良い。
という事はなく、学校や図書館・病院(入院設備のあるもの)から一定距離、離れていなくてはなりません。

さらに、自治体によっては、商業系のエリアでなければ営業を始められない事もあります。

また、同じ建物内にヌードスタジオ等があったとしても、実際に手続をする時点で周囲の保全対象となる

施設を確認しなければなりません。

オープンまでの流れ

① 営業所の候補地の決定

② 周辺調査(立地条件をクリアしているかの調査)

③ 営業所の契約

④ 内装工事

⑤ 当方での測量/製図および書類作成

⑥ 警察窓口にて届出
※届出から10日後から営業可能となります。

⑦ 警察・消防署・区役所による立入検査
※一部地域で、実施されない場合もあります。

⑧ 届出確認書の発行

報酬・手数料について

警察署手数料:11,900円

当事務所手数料:140,000円~ ※規模により変動します。

その他書類取得費:600円~1,200円程度

※立地条件の確認調査のみの場合、
1箇所につき35,000円(税抜)で調査可能です。

行政書士法人LINX